プライバシーポリシー

個人情報使用同意書

■ 個人資料保護法(以下「個資法」)(訳注:日本の個人情報保護法に相当)第8条第1項の規定に従い、以下の事項を告知する。
一、非公務機関の名称:立樂高園股份有限公司及びNEO CAREER CO., LTD.(以下、まとめて「個人情報使用企業」という)。
二、収集の目的:一八二  その他の問い合わせサービス及びコンサルティングサービス(人材マッチング)。
三、個人情報の類別:
識別分類:C001  個人を識別するもの
特徴分類:C011  個人描写、C012  身体的描写、C013  習慣、C014  個性
家庭状況:C021  家庭状況、C023  家族の詳細
社会状況:C033  移民状況、C035  レジャー活動及び趣味、C038  職業、C039  許可証又はその他の許可
教育、選考、技術又はその他の専門:C051  学校記録、C052  資格又は技術、C054  専門職業知識
雇用状況:C061 現在の雇用状況、C062  雇用経緯、C063  離職経緯、C064  仕事の経験、C068 給与及び特別徴収。
四、個人情報の利用期間:人材マッチング業務の実施期間。
五、個人情報利用の地域:全世界
六、個人情報利用の対象:個人情報使用企業及び人材募集を行う企業。
七、個人情報利用の方法:個人情報保護の関連法令に則った自動化された機器又はその他の非自動化による利用方法。
八、当事者が行使できる権利及び方法:当事者の個人情報の問い合わせ又は閲覧の請求、当事者の個人情報の複製本供与の請求、当事者の個人情報の補充又は訂正の請求、当事者の個人情報の収集、管理又は利用停止の請求、当事者の個人情報の削除の請求。
前述の請求に対し、当社は対応するためのコストを適宜徴収することができる。
九、当事者が個人情報を提供するかどうか自由に選択できるとき、提供しない場合に当事者の権益に及ぶ影響:個人情報使用企業は、求職及び人材募集支援サービスを提供する企業であるため、個人情報の提供がない場合、個人情報使用企業はいかなるマッチング又は面接といった求職支援サービスも提供できない。

■ 履歴書の内容は真実でなければはならず、ねつ造又は不実といった状況が調査でわかった場合、個人情報使用企業はそれ故サービスを終了することができる。企業もまたそれ故当該人材を解雇することができる。登録されている履歴情報(写真及びその他の付加されたファイルの情報を含む)の内容は真実でなければならず、他人名義の冒用、他人の知的財産権の侵害又はその他の法律規定若しくは公序良俗に違反したことで、民事・刑事の紛争又は行政責任に発展した場合、個人情報使用企業は検察調査機関、司法機関又は行政機関に協力し、必要な個人情報を調査のために提供する。

免責規定
求職者と人材募集を行う企業の間に労資若しくはその他の紛争が起こった場合又は人材募集を行う企業に求職者の履歴情報の不正転用若しくは不当使用があったとき、個人情報使用企業とはかかわりがなく、個人情報使用企業が前述の事実に対して担保責任を負わないことに了承する。さらに以上の状況が発生しても個人情報使用企業を対象に民事損害賠償の請求をせず、また個人情報使用企業、その責任者、役員又は雇用者の企業の信用又は名誉を損なう言論又は文字を勝手に公開し散布しないことに合意する。求職者は類似の開放されたサイバー空間における情報の安全性を自ら評価しなければならず、個人情報使用企業以外のその他のドメインで自発的に個人情報を提供する場合は、個人情報使用企業の個人情報保護の範囲外となる。提供された個人情報に虚偽、過失、法令違反又は公序良俗違反があった場合も同様であり、その上個人情報使用企業又は第三者に損害を与えた法律責任を自ら負わなければならない。

私は以上の告知事項について了解のうえ同意いたします。
立樂高園股份有限公司 御中

海外就職をサポートしますup-arrow
転職アドバイザーにお気軽にお問い合わせください。